妄想少年に振り回される大人たち「記憶の棘」

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by すもお
妄想少年に振り回される大人たち「記憶の棘」

10年前に夫を亡くした女性の前に、
夫の生まれ変わりだと主張する10歳の少年が現れる
ミステリアスな物語「記憶の棘」を
見てみませんか?

人の心理を学べます。

STEP1

アナ(ニコール・キッドマン)は、10年前に最愛の夫ショーンを突然失っていました。心の傷が癒えるまで待ち続けてくれたのは、ジョゼフ(ダニー・ヒューストン)。彼女は、彼ののプロポーズを受け入れることにします。

数日後、アナのアパートに、10歳くらいの見知らぬ少年(キャメロン・ブライト)が入って来ます。少年は、自分がアナの夫ショーンの生まれかわりだと主張します。

驚きと怒りと困惑に駆られたアナは、少年を部屋の外につまみ出します。すると少年は、ジョゼフとは結婚しないでほしいという手紙をアナの元に届けるのでした。

STEP2

ジョゼフは、少年の父親が同じアパートの202号室で家庭教師をしているコンテ氏(テッド・レヴィン)であることを知ると、アナをつれて彼に会いに行きます。ジョゼフから事情を聞き驚いたコンテ氏は、その場で少年に二度とアナに近づかないと誓わせようとしますが、少年は断固として従いません。

別れ際、少年が崩れるように倒れるのを目にしたアナは、その姿に死の寸前の夫の面影を重ね合わせます。もしかすると彼は本当にショーンの生まれ変わりかもしれないと、アナの胸中は複雑に揺れ動きます。

STEP3

次々と本人でなければ知らないことを言い当てていく少年に、その思いを少しずつ確信へと変えていくアナ。彼女は、少年を部屋に泊めたり、デートしたりと、彼への思いを強めていきます。

そんなアナの態度に苛立ちを募らせるジョゼフは、ある日アナの家族の前でショーンへの怒りを爆発させます。その行為をとがめるアナの冷たい視線にさらされ、いたたまれなくなった彼は出て行きます。

一方ショーンの親友だったクリフォード(ピーター・ストーメア)は、あの子はショーンじゃないと主張します。

果たして、全ては少年の妄想と判りますが、たった10歳の少年の言動に心を揺り動かされてしまう大人たちの危うさに注目です。

まとめ

監督は、ジョナサン・グレイザー。
2004年制作のアメリカ映画です。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

記憶の棘

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ