【ボクシング】デンプシーロールを身につけるには

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

ボクシング史上、伝説のフィニッシューブローと名高いデンプシーロール。

どのような練習をすれば身につくのでしょうか。

週間少年マガジンで連載中のボクシング漫画「はじめの一歩」で有名なこの技の習得方法について今回、ご紹介します。

STEP1

この技は1920年代あたりに名を馳せたジャックデンプシーが生みの親です。

日本では藤猛がデンプシーロールで世界チャンピオンになっています。

現在使い手がいない原因は2つ

技が単調なのでカウンタの餌食になりやすい

そこまでのウィーヴィングが出来ない

以上です。

STEP2この技の習得に必要なのはズバリ足腰の強靭さです。

30kgの重り持って左右ウィービングを3分できるでしょうか?よほど足腰の強い方でも足の筋がおかしくなるようです。

会得しようなら上記の方法と合わせ、100mランニング100m全力ダッシュこれを10km毎日出きれば可能かもしれません。

STEP3習得に以上のような血のにじむような特訓が必要です。

その上で、上半身の振りを生かしながら左右のパンチを連打できるように訓練しましょう。

デンプシーロールの使い手は世界でも数少ないため、身につければかっこいいですよ!

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ