早く歩く人は、遅い人よりも長生きできる?

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

ほんまでっかTVで放送されていた、早く歩く人は、遅い人よりも長生きできるかどうかということの内容を紹介します。

STEP1[調査内容は]

65~85歳で、歩きが遅い人、早い人を比べての調査です。
歩きが早い人のほうが、長生きできるといった調査結果が出ました。

歩きが遅い人は、1.5倍、死亡率が高くなるそうです。

STEP2[この調査には盲点が]

65歳以上の人で、具合の悪い人だったらもともと早く歩けません。
そこが盲点なのですが、一理ある部分もあります。

STEP3[その理由とは]

その理由とは、早く歩くと、コレステロールや脂肪が減ります。
このため、早めに歩くことで、体にいい効果が期待されます。

目安としては、脈拍数を120に保つこと。

メタボの人が、早く歩くと心臓に負担がかかるので、そういった人は脈拍数を120に保つことからはじめるのがいいです。
普通体型の人は、いつもよりも早めに歩くことで健康でいることができます。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


OKWAVE若者応援スペシャル企画

ピックアップ

ページ先頭へ