日本が4月に入学式をする理由とは

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:1
  • ありがとう数:0

はじめに

日本で入学式といえば4月が定番ですが、 これは日本独自の文化であり、 全世界共通というわけではありません。 では、なぜ日本の学校が4月に入学するように なったのか、その理由をご紹介します。

STEP1

 今でこそ、4月入学は当たり前になっていますが、昔からそうだったわけ
ではありません。江戸時代の藩校、寺子屋などは特に入学時期を定められて
おらず随時入校できましたし、明治時代初期には、明治維新によって西洋の
教育が導入され、高等教育では9月入学が主流だったのです。

STEP2

 しかし、政府の会計年度が4月-3月になったり、陸軍の入隊届出開始日
が9月から4月に早まったり、と国の富国強兵政策の影響もあり、明治~
大正時代にかけて徐々に4月入学に移行されました。その後も9月入学を続け
る私学もありましたが、やがて4月入学が定着し、現在に至っています。
こうして振り返ってみると、「桜咲く4月」が始まりの季節になったのには
複雑な事情が背景にあったのですね。

STEP3では、世界各国の入学式・新学期はいつなのでしょうか?

・1月…シンガポール
・1月末~2月はじめ…オーストラリア、ニュージーランド
・5月…タイ
・9月…アメリカ、カナダ、イギリス、フランス、ベルギー、トルコ
    モンゴル、ロシア、中国など

 国の中でも州によって異なったり、学校によって異なる場合もあります
が、こんな感じです。 これらの国には共通点があり、いずれも夏休み明け
から新学年がスタートします。9月はまさにそうですし、オーストラリアや
ニュージーランドは北半球で季節が逆ですから、やはり夏休み明けです。
シンガポールやタイは常夏なので乾季や雨季の休みとなりますが、一番長い
休み明けにあたるようです。

 他にも韓国は3月(春休み明け)、インドは地域によってまちまちなど、
様々な例があります。また、日本のように厳粛な入学式や始業式をする国は
あまりなく、簡単な手続きやパーティーだけという場合が多いようです。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集

ピックアップ

ページ先頭へ