妊娠腺に困らないために、できる対策しましょ!

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

かわいい赤ちゃんを授かるのはうれしいけれど、妊娠線まで欲しくないですよね。 妊娠線をできるだけ少なくするための対策をしましょう!

STEP1急激な体重の増減でできるのが妊娠線です。

妊娠4ヶ月頃からでき始める人もいますが、多くは6ヶ月頃が多いようです。

急激な体重変化と赤ちゃんの急激な成長によって、お腹の皮膚の伸びが間に合わなくなりできてしまいます。

STEP2

一度できてしまった妊娠線は消えませんので、つくらない様ケアしましょう。
肌の柔軟性が落ちるのは、乾燥しているときです。
乾燥をさせないよう、保湿クリームでケアしましょう。

においに対してや肌が敏感になっているマタニティ時期専用に、マタニティ用の保湿クリームがありますので、これを利用するのもいいかもしれません。

STEP3妊娠線ができやすい部位

・お腹
・太もも
・お尻
・バスト
・ふくらはぎ

まとめ

妊娠線を予防するために、急激な体重増加を避けること、クリームで保湿することを心がけましょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


OKWAVE若者応援スペシャル企画

ピックアップ

ページ先頭へ