また使うかも知れないモノの捨て方

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

物持ちがよいコトは悪いことではありません。でも押し入れも引き出しもごちゃごちゃ、どこに何があるのか解らず、捜し物で一日がつぶれてしまったり、同じような物を買ってしまったり。物による日常のストレスをちょっとだけ解消してくれる方法です。

STEP1

まず捨てるポイントは、使っている物と、使っていない物にわけることです。良く出し入れする引き出しなのに、近頃使った覚えがないものが堂々と入っていませんか?そういう物をピックアップして、箱にポンポン入れてみましょう。

ちょっとこれはどうかなぁ…。と引っかかりがある物も中にはありますが、それは、取り除いてもいいという合図。とりあえず使ってみたり、眺めてみたりして、捨てるかどうかは最後に決めるとして、とりあえず、取り除いておきます。

STEP2

そこで出てきた、いつかまた使うかも知れない物達。これは、そのまま何となく持ち続けていると、また物が溜まり続けることになりかねません。でも、ここで無理に捨ててしまうのもまたストレスになります。
曖昧な物は、奥の方にしまい込まずに、時間をかけてもいいので、「何故曖昧なのか?」その理由に向き合ってみましょう。もう時代おくれで、絶対外には持っていけないけど、ブランドもので高かったから?とか、彼との思いでの品だから?など、何故残したいかの意味が見えてきます。考えを巡らせるうちに吹っ切れるコトや、あるいは、やっぱり必要だ!と気持ちが固まることも…。
じっくり物と向き合って、そのうえで捨てると、後悔せずに済むかも知れません。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


OKWAVE若者応援スペシャル企画

ピックアップ

ページ先頭へ