国際色豊かなアクションスターの活劇を見たいなら「ドラゴン・スクワッド」

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:0
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by すもお
国際色豊かなアクションスターの活劇を見たいなら「ドラゴン・スクワッド」 世界各国から集まった国際警察の若手エリート達が 命とプライドを賭けて国際テロリストと戦う 映画「ドラゴン・スクワッド」を見てみませんか? 個性あふれるアクションスターたちの共演に、スカッとします。

STEP1

香港暗黒社会の首領タイガー・デュンの弟パンサーが、大事件の証人として証言台に立とうというとき、彼を護衛するため、5名の若き精鋭たちが招聘されました。

アメリカからは元SWATの一級射手ホー(ヴァネス・ウー)、地元香港からは最高のドライビング・テクニックを持つロク(ショーン・ユー)と潜入捜査のスペシャリストで紅一点のシュウ(ホァン・シェンイー)、中国からはスナイパーのシャオジュン(シア・ユイ)、イギリスからは元特殊部隊員のジェイ(ローレンス・チョウ)。

しかし護送車は、謎の武装集団による襲撃に遭い、パンサーは連れ去られてしまうのでした。

STEP2

失態を演じた5人は、交通課のゴン・ロン(サモ・ハン)に預けられます。

その頃パンサーは、元コロンビア軍大尉のペトロス(マイケル・ビーン)、元韓国軍特殊部隊大佐のコー(ホ・ジュノ)、元ベトナム軍のスナイパー・ユエ(マギー・Q)たち国際テロリスト集団の手により拷問を受けていました。コーとペトロスは、かつては仲間だったデュン兄弟が銀行強盗で得た金を独占しようとしてペトロスの弟を殺害したことに、復讐を誓っていたのです。

そして、その銀行強盗事件を捜査していたのが、当時の特別捜査班責任者であったゴン・ロンでした。

STEP3

ゴン・ロンはその事件で部下を6人殉職させ、一線を退いていました。そんな彼のもとに、コーが再び宣戦布告しに現れます。

ペトロスはタイガーにパンサーの生首を届けると、彼の止めを刺さずに撤退。しかし、外にはホーたち5人が待ちかまえていました。壮絶なる銃撃戦の末、テロリスト1名を倒すも、引き替えにシュウも命を落としてしまいます。

こうして、若手エリート国際警察V.S.国際テロリストの最後の闘いの火蓋が切って落とされたのです…。

まとめ

監督は、ダニエル・リー。 2005年制作の香港映画です。 ゴン・ロン役のサモ・ハンは、改名したサモ・ハン・キンポーです。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

ドラゴン・スクワッド
ページ先頭へ