胃を小さくする方法 !

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:760
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by tikumanikki
胃に関しては、大勢の方が誤解している事があります。それは、胃は大きくならないということです。

食べ過ぎたときなど、「胃が大きくなる」と表現することはあっても、実際に胃が大きくなっているわけではありません。

胃袋自体は伸び縮みする臓器ですから、たくさん食べれば一時的に胃が膨らむことはありますが、消化したものを腸に送り出し後は、また元の大きさに戻ります。

基本的な胃の大きさは、通常の状態の胃の大きさが変化することはありませんし、人により大きな大差がありません。

STEP1

沢山食べることが習慣になってしまうと、その量を食べないと満足できなく感じてしまうのは、脳の満腹中枢のせいです。
そもそも、満腹になったかどうかは、胃が感じるのではなく、脳の満腹中枢がキャッチして感じるのです。その状態が続くと、沢山食べないと、満腹と満腹中枢が感じなくなってしまうのです。

STEP2

沢山食べないと満腹と感じなくなってしまった満腹中枢を、時間をかけて正常に戻さなくてはなりません。

それには、時間をかけて良く噛んで、少しの量でも満腹中枢に「満腹と感じさせる」ようにさせるのです。

腹八文目の良い状態を続けて、満腹中枢に覚えさせると言うわけです。

決して、胃そのものを小さくするわけではありません。

まとめ

ちなみに、ギャル曾根があんなに食べられのは、胃袋の一時的な伸縮力が強いせいと、ぜん動運動の働きが強く、食べた物をすごいスピードで、胃から腸に運ばれてしまうからです。つまり、あまり吸収しないうちに体外にだしてしまうので、太らないというわけです。いわば特異体質がなせる技と言えます。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ