ココアとココアパウダーの違い

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:687
  • ありがとう数:0

はじめに

ココアは飲み物ですがココアパウダーはお菓子作りのセットになりますが、どう違うのか紹介します。

STEP1ココア

ココアとはカカオの種子を使った飲み物です。
ココアはカカオ豆を発酵・焙煎させた後、種や胚芽を除けてすり潰した物です。
ココアパウダーに湯・砂糖・牛乳などを加えて作るのが一般的である。

出典元↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%82%B3%E3%82%A2

STEP2ココアパウダー

ココアパウダーは、洋菓子などで作る時に使われる材料の1つです。
カカオマスから出る脂肪分を使って、ココアバターを搾って残った物が「ココアケーキ」を粉砕して粉末状にしたものです。
しかし、ココアパウダーにも脂肪分が少し残っていて約1割-2割はあります。

出典元↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%82%B3%E3%82%A2%E3%83%91%E3%82%A6%E3%83%80%E3%83%BC

STEP3チョコレート

ちなみに、チョコレートは、ココアと同じ作り方で、これに砂糖、ココアバター、粉乳を混ぜ固めた物です。
よく耳にするチョコは、チョコレートを略した言葉です。
他にはショコラと呼ぶ事もあります。

出典元↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%A7%E3%82%B3%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%88

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ