朝、時間がない時のお弁当づくり

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:460
  • ありがとう数:0

はじめに

節約のためにお弁当を作って会社に持っていく方も多いと思います。
でも、朝ってなぜかバタバタしますよね。

STEP1

まずバタバタしないために前の晩に作っておいてみてはいかがでしょうか。
おかずもご飯も前日にお弁当箱に詰めてラップして冷蔵庫に入れておきます。
朝起きたら、2分ほど温めてラップを外して、お弁当箱の蓋をして持っていきます。
前日夕飯を作る時に、一緒に次の日のお弁当も用意しておくといいと思います。

STEP2冷凍野菜の活用

お弁当は目でも味わいたいものですよね。ふたを開けた瞬間、食欲がなくなるようではガッカリします。不足しやすい野菜は冷凍のブロッコリーやいんげんなどで補っておくと、見た目の彩りもよくなります。冷凍だと無駄も少なく買い忘れの心配も減らせると思いますよ。

STEP3

お弁当箱が埋まらないときのためにミニトマトや、ウインナー、冷凍ポテトなどのボリューム感のあるものも常備しておいたほうがいいですね。

他に、ふりかけとか、佃煮系も重宝しますよ。
いつも白い御飯だと飽きてしまうかもしれないので。

まとめ

なにより、朝作ることのプレッシャーを軽くするのは、いつも冷凍食品を常備しておくことだと思います。いざとなったら“あれがある”の気持ちのゆとりがお弁当を作る長続きのコツだそうです。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

必要なもの

ゆとり 冷凍食品

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ