ネット時代に子供を守る

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:0
  • ありがとう数:0

はじめに

インターネットと子供の問題を把握し、指導に生かそうと、各地の教育委員会と学校が「ネットパトロール」を行っている。ネット時代の子供に寄り添っていくにはどうすればよいのだろうか。

STEP1

携帯電話サイトの「プロフ」と呼ばれるページで、事細かに自己紹介する。喫煙、飲酒、性体験を赤裸々に語るのは、正直なのか大人ぶっているだけなのか。そこには、教員や親よりもネット世界に詳しい子供たちがいる。

STEP2

ひそひそ話をし、わざと嫌な事を聞かせるいじめの手段としてパスワードを設定して、悪口の部分だけわざとパスワードを外したり。子供たちはネットを生活で上手く使っている。
そして、変なこと、悪いことにはたいがい大人が関わっている。無知な大人と悪用する大人が、子供たちの周りにいるのは確かなようだ。

STEP3

ネットパトロールとともに始めた相談事業にも「アダルトサイトの入会してしまって、10万円振り込まないと退会させないと・・・」や「出会い系サイトみたいなところで知り合った男の人からメールを返さなかったら家まで行くぞ、学校行くぞと言われて対処法が知りたい」など匿名で相談が寄せられている。

まとめ

本当に子供が困った時窓口が開いているか、声を掛けに行けるか。 これが大人の責任であり役割だと思う。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

ページ先頭へ