HIVキャリアの彼女との愛「ユア・マイ・サンシャイン」

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:0
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by すもお
HIVキャリアの彼女との愛「ユア・マイ・サンシャイン」 野暮なほど純朴な青年が、 離婚歴を持ちHIVキャリアの女性を愛する物語、 「ユア・マイ・サンシャイン」を見てみませんか? 実話に基づくストーリーです。

STEP1

自分自身の牧場を持つこと、そして結婚して幸せな家庭を築くことを夢に抱く36歳の独身男性、ソクチュン(ファン・ジョンミン)。

ある日ソクチュンは、近所のコーヒーショップ(男性客の相手もする店)に勤めるウナ(チョン・ドヨン)の姿に目を奪われ、懸命にウナの気を惹こうとします。

ウナは男性に傷つけられた過去の経験から、愛に不信感を抱いていました。純粋すぎるソクチュンが自分と釣り合わないと感じながらも、愛される喜びに目覚めた彼女は、ソクチュンのプロポーズを受け入れます。

STEP2

しかし、至福の日々は長くは続かず、ウナの前に前の夫(チョン・ユソク)が現れ、彼女から手を引くようソクチュンを脅します。もはやウナなしの生活など考えられないソクチュンは、長年可愛がっていた牛を売って2500万ウォンの金を作り、手切れ金として男に渡したのです。

しかしそれでは終わらず、男は陰でウナに復縁を迫り、脅迫し、彼女を苦しめます。そんなある日、ウナがHIVキャリアであることが判明。ソクチュンはどうしてもウナにHIVのことを言い出せず、毎晩酒に酔って帰宅します。そんな彼の態度を、自分の過去が原因だと誤解したウナは、家を出るのでした。

STEP3

1年が過ぎた頃、ソクチュンの元に、ウナがHIVキャリアであるにもかかわらず身体を売り逮捕されたという知らせが入ります。さっそく警察に駆けつけるソクチュンに、ウナは会おうともしませんでしたが、ソクチュンはそう簡単にウナをあきらめられませんでした。

収監後、ウナは自分がソクチュンの愛に値しない女であることをはっきりわからせるために、ソクチュンの面会の申し込みに応じます。そんなウナに、ソクチュンはウナを死ぬまで離さないと紙に書き見せるのでした。

まとめ

監督は、パク・チンピョ。 2005年制作の韓国映画です。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

ユア・マイ・サンシャイン
ページ先頭へ