方言の強い人と話すときは

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:0
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by いなみわけ
方言の強い人と話すと、相手の言葉が聞き取れないことがありますね。

STEP1①方言がわかる人に助けてもらう

特にご年配の方と話すと、
方言が強くてわからないことがあります。

そのようなときは、ネイティブの人に助けてもらうと良いでしょう。
方言を自力で習得するのはなかなか難しく、
独特の発音を早く理解するには、
子どものころから方言に慣れる必要があります。

そのため、ネイティブの人に助けてもらうのが一番確実で、
手っ取り早いです。

STEP2②怒っているわけではない

方言の強い人と会話すると、
しばしば相手が起こっているように感じてしまいます。

しかし、怒っているように聞こえても、
実際には怒っていない場合が多いです。

勘違いして避けると、相手との会話はできませんので、
怒られているように感じても、その場から逃げないようにしましょう。

STEP3③ゆっくり話す

方言が上手く聞き取れないのは、
相手が非常に早口で話すため、という場合があります。
特に東北方言は非常に早口ですね。

そのため、ばっと言われると聞き取れません。
急ぎの場合は別ですが、
落ち着いた雰囲気で、ゆっくりと会話するように心がけましょう。
これで、慣れてくると次第に聞き取れるようになってきます。

まとめ

自分で話すのは大変ですが、聞き取りは、何度も聞いて慣れてくると次第にできるようになります。その土地に何年も住む場合、会話しながら方言を勉強してみるとよいでしょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


OKWAVE若者応援スペシャル企画

ピックアップ

ページ先頭へ