交渉人が活躍するサスペンス映画「カオス」

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:0
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by すもお
交渉人が活躍するサスペンス映画「カオス」 銀行を襲撃し逃げ場を失った強盗団リーダーと 交渉人の刑事がしのぎを削りあう、 スリリングなサスペンス・アクション 「カオス」を見てみませんか? パズルがはめ込まれるように、一つ一つのピースが意味を成し、終結に導かれる見事な映画です。

STEP1

武装した黒づくめの5人の強盗団が、シアトル・グローバル銀行を襲撃します。従業員らを人質に立てこもった彼らは、警官隊が到着後、完全に包囲されてしまいます。

冷静沈着なリーダー、ローレンツ(ウェズリー・スナイブス)は警察に対し、以前パール橋事件で人質を死なせてしまい謹慎処分中であるコナーズ刑事(ジェイスン・ステイサム)を交渉人に指名するのでした。コナーズの上司であるジェンキンス(ヘンリー・ツェーニー)は、謹慎を解く代わりに新人のデッカー(ライアン・フィリップ)と組ませることを提案します。

STEP2

早速交渉を始めるコナーズに対し、ローレンツは「混沌<カオス>の中にも秩序はある」という謎めいた言葉を発します。

コナーズは慎重に銀行に乗り込もうと計画しますが、SWATチームの身勝手な行動から予定外の爆破が起きてしまいます。人質の大半は混乱の中から救助されましたが、強盗たちは逃亡。不思議なことに、銀行からは何も盗まれていませんでした。

コナーズはTVカメラマンが撮影したテープをチェックし、過去に犯罪歴のあるリチャーズ(タイ・オルソン)の姿を発見します。

STEP3

デッカーは銃撃戦の末、リチャーズを逮捕します。その際、別の事件で押収され署の証拠保管室にあるべき5万ドルを発見します。コナーズは、警察に内通者がいると推理。その後、2人が容疑者である汚職刑事カーロ(ジョン・カッシーニ)の自宅へ行くと、既に彼は殺害された後でした。

そこへ、「お前はクビを免れた。俺が罰する」という、ローレンツからコナーズへ挑戦状が。さらに、ローレンツのもとに共犯者が集まるというリチャーズの情報を得たコナーズとデッカーに、大きな罠が襲い掛かるのでした。

やがて、強盗団の真の目的とローレンツの正体が徐々に明らかになります…。

まとめ

監督は、トニー・ジグリオ。 2005年制作のアメリカ映画です。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

カオス

特集


OKWAVE若者応援スペシャル企画

ピックアップ

ページ先頭へ