パソコン用メガネの使いごこちは?

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:256
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by tikumanikki
パソコンを長時間やっていると、どうしても目が疲れます。

パソコンのモニターから発している青白い光が原因とかで、パソコンを長時間やっても疲れにくいメガネが開発されています。

使い心地はどうなのでしょうか?

STEP1長時間、パソコン作業をする人は常に目に負担を掛けています。

遠くが良く見えるメガネやメガネなしでも視力の出る人にとって50cm離れたパソコンのモニターを見たとき、目は常に水晶体を膨らます調節をし続けています。

パソコンの画面は常に光を発しているので、画面を見つめている目は眩しさを感じてつかれます。

長時間のパソコンの作業する人の場合には、眩しさ・ちらつきを防止するために開発されたコーティングをほどこされて、パソコン用メガネの使用で目の疲れが樂になると思います。

STEP2

パソコン用メガネを作るときは、普通のメガネと違った測定が必要になってきます。

常に使用しているパソコンの、目からの位置、パソコンの角度など、店のモニーターを使って計りますが、いつも使っているパソコンの距離、角度もメモしていくといいでしょう。

度数・コーティング・設計これらの選択には、必ず実際の見え方を店頭サンプルにて験・比較しますが、見え方は作る人本人が正確に伝える必要があります。

見え方は本人しかわかりません。時間をかけても、納得いくまで店の人と調整をすることを店の人も望んでいます。そうでないと、目に合ったいいメガネがつくれません。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ