家賃交渉を成功させるには?

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:394
  • ありがとう数:0

はじめに

生活費の中でも、いちばん出費のかさむ家賃。できるだけ安いところに住みたいものですよね。そこで今回は、家賃を交渉する上でのポイントを考えてみました。

STEP1

〈家賃よりも敷金・礼金の方が下がりやすい〉

家賃の場合、2~3千円くらいであれば下がる可能性は大きいですが、それ以上となるとなかなか難しいはず。ですが、敷金・礼金は1ヶ月分ドンと下がることも多々あります。昔は敷金・礼金は2ヶ月分ずつと言われていましたが、今は1ヶ月分というケースも多いので、強気で攻めてみましょう。ちなみに、敷金は解約時にクリーニング代を引かれて返ってくるものなので、礼金を下げてもらうように交渉するのが良いです。

STEP2

〈動きが活発な時期をずらそう〉

一般的に、就職や転勤など新生活の始まる4月に向けて、1月から3月にかけて需要が高まります。その時期に交渉をしてもオーナーとしては「まだ、借り手はいくらでもいるだろう」と考え、通らない可能性が高いです。そこで、ピークを越えた5月あたりに交渉するのがおすすめ。ただし、その時期に出ている物件は、ある意味、売れ残りとも言えるので、なにか問題(管理の悪さや間取りの不便さなど)がないか、入念に確認するようにしましょう。

まとめ

不景気な今、賃貸物件も都心部では過多状態になっています。ちょっとくらい強気の交渉でも通る可能性は高いようです。ぜひ、試してみてください。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ