企業に騙されない転職法

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

募集内容と全く違う、また全く経験もない苛烈な仕事を転職先で押し付けられ、休職→クビなんて経験ありますか? 世間では給与に見合わない労働を押し付ける会社が沢山あります。このご時勢選ぶ余裕等ないと嘆かず、会社に騙されない良い転職をしましょう。 今回は、企業に騙されない転職法についてご紹介します。

STEP1まず、無料でのブラック企業の見分け方をご紹介します。

定番の方法ですが2chで検索する方法があります。

「社名」+「ブラック」で検索してみましょう。

信用するかどうかはあなた次第ですが、あまり書かれている場合は真偽はともかく
なにか問題ある企業だと考えるのがふつうでしょう。

STEP2次に、有料での企業の見分け方です。

有料といっても数千円ですが、帝国データバンクなどの資料を見ます。

役員一覧も出るので同族かどうかはもちろん、社長の学歴、趣味などもわかります。点数もついています。

70点以上ならとても優良です。
56点以上ならまあ、まともな企業だと言えます。
45点以下の場合は、倒産などの危険もあります。
※平均は40後半です。

80点以上の企業もありますが残念ながら相当優秀な人でない限り入社できません。

STEP3

面接でこれらを話題にするとおもしろいかもしれません。社長のご趣味は○○で。とか出身は○○大学なんですね。実は私も・・・とか。


無料の求人か有料の求人か?
でもわかりますよね。
無料。つまり職安は厳しい企業が多いというのが定説です。

有料。リクナビはブラック企業の常連も多いですが、少なくとも支払い能力や求人に出す金があります。

もちろん良い求人には人が集まり、それ相応の人物でないと入社できません。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ