生野菜は冷え症を治し、美肌を作る彡

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:1327
  • ありがとう数:0

はじめに

生野菜より温野菜のほうがいいの?生野菜は体を冷やすと言われていますが、果たしてそうでしょうか。たまたま見かけた雑誌に書かれていたので気になりちょっと調べてみました。

STEP1

よく野菜は生野菜より温野菜のほうが量もたくさん摂れるし、体を冷やさないからよいと確かに書かれていることが多いですが…。

でもちょっと待って!!

生野菜に含まれる「栄養」の話です。
生の野菜にしか含まれないのが「酵素」。
酵素は、季節季節によって旬の野菜にはその季節に最適な酵素が多く含まれます。
夏のキュウリには浮腫みを解消する酵素が含まれ、
ゴーヤやマンゴーには夏に滞りがちな脂肪燃焼を助ける酵素が含まれます。

冬の大根には消化を助ける酵素。
消化がスムーズになるとに脂肪燃焼がよくなります。
簡単に言うと、根っこの生野菜は秋冬に。
葉っぱの(地上に実る)の生野菜は春夏に多くとるとよいようです。

旬の生野菜を選ぶ。
生野菜に含まれる「酵素」はダイエットの味方。
また酵素を意識した食生活をするようになると確実に肌が変わりはじめます。
さらに、生野菜は良く噛むことにつながり、食欲をコントロールします。
だから、生野菜を食べて大丈夫。
一日に必ず一食以上、生野菜をサラダボール1杯は食べるのがおススメだそうです。

STEP2では酵素とは何でしょうか。

参考http://www.kenyo.net/koso/1.htm

加熱野菜と生野菜!酵素で美肌~
http://www6.plala.or.jp/jkom/momo0401.html

STEP3陽性食品である温野菜ばかり食べ続けていると、

確かに体は冷えませんが、冷え症を根治する事はできません。
むしろ、体を温めるという過保護によって一層冷えに弱い体になってしまいます。
陽性食品によって体を温めるという食物養生法は、一種の対症療法に過ぎません。
冷え症の人は、生野菜を摂取するという非合理な方法で、陽性体質に転換するのです。

生野菜は体を冷やすと言われていますが、果たしてそうでしょうか。
生菜食を始めると、確かに最初の半年間は体が非常に冷えます。
東洋医学の「生野菜は体を冷やす」とは、最初の半年間をいっています。
生菜食を続けていると、冷えに対する体の抵抗力が次第に生まれて来ます。
そして、寒がりも冷え症もすっかり治り、冬の外出時でも薄着で平気になり、
靴下を履かなくても足先は常に温かくなり、風邪にも強い体質に変わります。

冷え症の本当の原因は、酵素不足です。
生菜食をずっと続けていると、体内酵素が充分に満たされ、
新陳代謝がよくなるので、慢性的な冷え症は改善されます。

生野菜に含まれている食物酵素の補給は、末梢の血行を良くします。
生菜食を続けていくと血の巡りが良くなって手足が温かくなります。
代謝機能が充分に働き始めると、自然に体温が上がってくるのです。

まとめ

とにかく野菜と果物を食べる事が重要

生が良い、そうじゃない という論争は長年続いていますが、いずれにしても重要なのは、どっちにしても野菜や果物を毎日多く食べる事です。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ