猫と車でドライブ、その準備とコツ

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:0
  • ありがとう数:0

はじめに

猫は犬と違って、一緒に外出するのに向いている動物ではありません。 もし猫連れで外出しなければならないときは、どんなことに注意したらよいでしょう。 素質がある猫であれば、どのように育てればもっとお出かけ好きになってもらえるでしょう。 ここでは猫と一緒に車や電車などで出かける際に気を付けたいこと、猫が快適に過ごせるコツをご紹介します。

STEP1猫を逃がさないように

猫を外に連れだしたとき、どんな拍子に猫が迷子になるかわかりません。
キャリーケースに入れるのはもちろん、念のためハーネスやリードを付けたり、キャリーケースの前にインナーキャリーや洗濯ネットに入れるなどして、猫が逃げないようにしてください。
猫が逃げてしまったら探し出すのは並大抵ではありませんし、家の中だけで生活している猫が外で生き延びるのは難しいです。
猫を外に連れ出すときは、絶対に逃げられないように注意してください。

STEP2熱中症に注意

真冬でも好天で直射日光が当たると、閉めきった車中はかなりの高温になります。
これが真夏だったら、たった数分のつもりでも車内の温度はあっという間に50度を超えてしまうことがあり大変危険。
どんな状況であれ、猫を閉めきった車中に残すことはやめてください。
特に短頭種(ペルシャやアメリカンショートヘアーなど)は、鼻が短いため、もともと呼吸が上手ではありません。
また肥満気味の猫は皮下脂肪で体温が上昇しやすいし、子猫や高齢猫も体力がありませんので要注意です。

STEP3

熱中症かと思われるほど、猫のハァハァが激しくなって意識がもうろうとしてきたら、まずは猫の体温を下げるために冷たい水をかける、風を当てるなど身体を冷やすことが先決です。
猫の顔は横向きにし、気道が通るようにします。
口の中にヨダレや泡がついていたらぬぐってあげてください。
そして、猫の身体を冷やしながら早急に動物病院へ運んでください。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

ページ先頭へ