北朝鮮拉致問題をドキュメントした米映画「めぐみ-引き裂かれた家族の30年」

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:0
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by すもお
北朝鮮拉致問題をドキュメントした米映画「めぐみ-引き裂かれた家族の30年」 北朝鮮拉致に拉致された横田めぐみさんと そのご両親である滋さん・早紀江さん夫婦の 30年間にも及ぶ軌跡を映したドキュメンタリー、 「めぐみ-引き裂かれた家族の30年」を 見てみませんか? 思わず沈黙してしてしまう題材ですが、知っておくだけでも意味があります。

STEP1

1977年11月15日、新潟に住む13歳の中学生・横田めぐみさんが、下校途中に忽然と姿を消しました。

誘拐や家出の可能性を含めた警察の捜査が始まり、めぐみさんの両親の滋さん、早紀江さんもめぐみさんを捜し続けますが、その行方は依然として知れませんでした。

事件から2年が過ぎた頃、日本海側で頻発したアベック失踪事件の記事が早紀江さんの目に留まります。北朝鮮が関与した拉致事件、その疑いは、20年後の1997年、脱北した元工作員の証言により、ようやく立証されるのでした。

STEP2

めぐみさんは北朝鮮によって拉致されたのです。早速、横田さん夫妻を中心に「北朝鮮による拉致被害者家族連絡会(通称:家族会)」が発足され、他の拉致被害者の家族と共に拉致問題解決に向けた運動が本格的にスタートします。

しかし、政府の対応は冷たく、拉致問題解決への動きは遅々として進みませんでした。しかもその間に、被害者家族たちの高齢化ばかりが進んでゆきます。鹿児島で拉致された増元るみ子さんの父、増元正一さんや、福井で拉致された地村保志さんの母親など、再会を果たせぬまま亡くなる家族たちに、横田さん夫妻の心は揺れます。

STEP3

そんななか実現した小泉純一郎総理の初訪朝に、新たな希望を見出す横田さん夫妻ら家族会の人々。

そこで、北朝鮮は初めて拉致の事実を認め、拉致被害者13名のうち、5名生存、8名死亡という、家族会の明暗をわける結果を発表します。

死亡の明確な証拠は示されないことに一縷の望みを託し、横田さん夫妻の救出活動は続きます。依然として続く政府の経済援助、心無い人々の中傷、ニセ遺骨問題や孫娘キム・ヘギョンさんを使った北朝鮮による揺さぶり…。そんな中で「もう一度、娘を抱きしめたい」という気持ちだけが、共に70歳を越えた夫婦を支えているのでした。

まとめ

監督は、クリス・シェリダン。 2006年制作のアメリカ映画です。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

めぐみ-引き裂かれた家族の30年

特集


OKWAVE若者応援スペシャル企画

ピックアップ

ページ先頭へ