戦場で尽くす無償の愛「人生は、奇跡の詩」

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:0
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by すもお
戦場で尽くす無償の愛「人生は、奇跡の詩」 イラク戦争に巻き込まれた愛する女性を、 自らの命を投げ打ってでも看病しようとする男性を 描いた「人生は、奇跡の詩」を見てみませんか? ロベルト・ベニーニお決まりのシチュエーションですが、 この位の無償の愛を捧げる人間を見るとホッとします。

STEP1

2003年、イラク戦争開戦直前のローマにて、大学教授で詩人のアッティリオ(ロベルト・ベニーニ)は、毎晩結婚式を挙げる夢を見るほど、ヴィットリア(ニコレッタ・ブラスキ)に心を奪われていました。

しかしヴィットリアは、彼の浮気なところや一方的に想いを伝えるところにうんざりしていました。一緒に暮らそうと言うアッティリオに、彼の詩になぞらえて「ローマに雪が降ってその中で虎を見たら、一生一緒に暮らす」と彼女ははぐらかすのでした。

STEP2

伝記作家であるヴィットリアは、アッティリオの友人で著名なイラク人の詩人フアド(ジャン・レノ)の伝記を執筆中。アッティリオと久しぶりに会った詩人フアドは、祖国の苦難に際し、バグダッドへ帰る準備を整えていました。

ある日の深夜、突然アッティリオの電話が鳴り響きます。伝記を仕上げるためにイラクに滞在していたヴィットリアが、イギリス軍とアメリカ軍による最初の爆撃で負傷し、意識不明の重体だというのです。知らせを受けたアッティリオは、自らの危険を顧みず戦地へと向かいます。

STEP3

ヴィットリアが収容されている病院にたどり着いたアッティリオは、薬も設備も十分とはいえない病院の片隅で、危篤状態の彼女を発見します。脳水腫に置かされた彼女の命は、薬がなければ4時間しかもたないというのです。

しかし、脳水腫の薬はここにはなく、アッティリオは戦地の混乱の中、薬を見つけるべく東奔西走します。

看護の甲斐あって、ヴィットリアは回復。ローマに戻った彼女はある日、空を雪のように舞う羽毛と、逃げ出してきた虎を見ます。ヴィットリアは、アッティリオとの間にできた娘二人と共に、彼と一緒に住むことを決意するのでした。

まとめ

監督は、ロベルト・ベニーニ。 2005年制作のイタリア映画です。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

人生は、奇跡の詩
ページ先頭へ