動物園で育った父子ライオンの冒険「ライアンを探せ!」

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:350
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by すもお
動物園で育った父子ライオンの冒険「ライアンを探せ!」

動物園からさらわれた子ライオンを取り戻すため、
父ライオンと仲間たちがニューヨーク中を探し回る
冒険アニメーション
「ライアンを探せ!」を見てみませんか?

日本語吹き替え版も、あります。

STEP1

サムソン(声/キーファー・サザーランド)と息子のライアン(声/ジム・ベルーシ)は、ニューヨーク動物園で人気者のライオンの親子でした。ライアンはまだライオンらしく吠えることができず、アフリカ時代の武勇伝を聞かせる雄々しい父親にコンプレックスを抱いていました。

しかし実をいうと、父のサムソンも野生体験が一度もない動物園育ちだったのです。サムソンは、息子の尊敬を失うことを恐れて、それをひた隠しにしているのでした。

STEP2

そんなある日、コンテナに入り込んだライアンがそのままトラックに乗せられ、街へと連れ去られてしまいます。コンテナは、朝になると船に積み込まれて出港してしまうのです。

サムソンはあわてて動物園を抜け出し、ニューヨークの街へと駆け出していくのでした。彼の後には、大親友であるリスのベニー(声/ジム・ベルーシ)、おとぼけコアラのナイジェル(声/エディ・イザード)、陽気なヘビのラリー(声/リチャード・カインド)、そして
紅一点で聡明なキリンのブリジット(声/ジャニーン・ガロファロー)が続きました。

STEP3

しかし彼らにとって、ニューヨークはとても危険なコンクリート・ジャングルでした。するとそこへ、街の地下を知り抜いているアリゲーター(ワニ)の兄弟の助けが入ります。アリゲーターたちのおかげで、サムソンたちは港に到着しました。

ところが、間一髪でライアンを乗せた船は出港してしまった後だったのです。別の船に乗り、後を追ったサムソンたちは野生動物がたくさん住む火山が噴火した島に着き、襲われたライアンを救うべく野生動物と初めて闘い、ようやく一見落着。ライアンは、サムソンの息子で良かったと父を誇りに思うのでした。

まとめ

監督は、スティーブ・スパッツ・ウィリアムズ。
2006年制作のアメリカ映画です。

必要なもの

ライアンを探せ!

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ