不要な郵便物やDMの対処方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:0
  • ありがとう数:0

はじめに

個人情報保護法が施行されてから、どこからともなくやってくるDMの数も減ってきました。 しかし、以前住んでいた人宛の郵便物や不要なDM。捨ててしまうのは簡単ですが、いつまででも届いてしまいます。 そんな時の対応方法です。

STEP1以前住んでいた人宛の郵便物

転居届を郵便局に出しても、有効期間は1年間です。
1年過ぎてから届いた以前住んでいた方宛の郵便物は、届いた郵便物の宛名面に赤ペンで転居済みと書き、ポストへ投函んしましょう。そうすると、郵便配達員が送付元に返却してくれます。その際の郵便料も送付元に請求します。

STEP2以前住んでいた人宛のやメール便

メール配送業者もしくはDM発送元に連絡して、転居済みと伝える。
その際、「申し訳ございませんが、届いてしまったDMは廃棄して頂けますか」と言われます。まれに、DMそのものを返して欲しいという業者もいます。

STEP3自分宛の不要な郵便物

電話連絡をしてDM発送を止めてもらいましょう。
しかし、身に憶えのない業者の場合、電話連絡がためらわれてしまったら、届いたDMの宛名面に赤ペンで「受取拒否」と書き、自分名前、印を押してポストへ投函しましょう。
配送元に返却してくれます。その際の郵便料も送付元に請求します。

特集


OKWAVE若者応援スペシャル企画

ピックアップ

ページ先頭へ