パンになぜブドウ糖を入れるのか?

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:0
  • ありがとう数:0

はじめに

パンにブドウ糖を入れますが、なぜブドウ糖を入れるのか紹介します。 後、ブドウ糖の働きを紹介します。

STEP1ブドウ糖とは?

ブドウ糖は自然界に最も種類が多い糖で、果物やハチミツに多く含まれる糖類の1つで、血液中にも、血糖として約0.1g含まれています。
また、ブドウ糖はよく食べるご飯やパンからなどでも作られています。

STEP2ブドウ糖の役割

脳をはじめ、赤血球や腎臓の髄質、筋肉を動かすために使われる事もあり、ブドウ糖は1日に必要な量は150gです。
ブドウ糖の本来の役割は、脳を常に働かせることです。
脳はどの体よりも多くのエネルギーを使うので、1日に消費するエネルギーの約18%を占めています。

STEP3パンに入れる理由

パンの発酵させるには、イーストと呼ばれる酵母菌が必要です。
イーストはパン生地に含まれる糖分と一緒になって、繁殖していきますが、そのときに二酸化炭素とアルコールを生成します。
このときに生成される物を、焼いたパン生地が抱え込んで、時間掛けて膨らんでいくのがパンです。

まとめ

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

ページ先頭へ