書き損じ年賀はがき

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:0
  • ありがとう数:0

はじめに

「くじの当選番号の発表」も終わり、住所録の整理も終わった頃ではないでしょうか。 書き損じの年賀はがきや、多めに買っておいて余った年賀はがきどうしていますか?

STEP1<郵便局にて交換>

手数料を支払うことにより、切手・はがき・レターパックに交換してもらうことができます。

STEP2<よくお手紙を書かれる方は>

通常の封筒用に80円切手や90円切手、はがき用に50円切手にしてもらうと便利です。

「ステップ3」の金券ショップでも80円切手や50円切手が換金してもらいやすいようです。

STEP3<通り道に金券ショップがある方は換金も>

わざわざ交通費をかけて行くと赤字になっちゃいますので、通り道に金券ショップがある方は換金(ディスカウントはされますが)可能です。

STEP4<切手やはがきは使わない方へ>

今は年賀状以外は、手紙、はがきはあまり出さないことが多く、また切手も引き出しにうもれてしまいがちです。

そんな方へ。

ゆうパックの送料が切手で払えました。

まとめ

タンスから出てくる色あせたはがきでも未使用であれば代えていただけました。

関連するタグ

必要なもの

書損年賀はがき
ページ先頭へ