学資保険をさがしているのですが

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:0
  • ありがとう数:0

はじめに

今年子供が生まれるので学資保険をさがしているのですがどれも満期時までに受け取れるお金が100パーセントを切っています。一部の通販型の学資保険は100パーセントを超えていて魅力がありますます。

STEP1

●学資保険は、なぜ、学資「貯蓄」とは言わず、学資「保険」というのでしょうか?

文字通り、貯蓄ではなく、保険だからです。保険ということは、つまり、万一のときの保障が付いています。

わかりやすいのは、親(契約者)が死亡した時に育英年金が支払われる、以後の保険料の払込が免除されるというもの。意外と気が付かないのは、被保険者である子供が死亡したとき、払込保険料相当額の死亡保険金が支払われる、一定の障害状態になったとき以後の保険料払込が免除されるという保障。つまり、保障が付いているから、貯蓄ではなく「保険」なのです。

STEP2

●なぜ、解約払戻金が100%を超えるものと下回るものがあるのでしょうか?

それは、保障の大きさに寄ります。例えば、親が死亡したとき、子供が18歳になるまで毎年100万円の育英年金が貰える学資保険があったとします。

これは、子供が0歳ならば、1800万円の死亡保険(毎年、保険金が100万円下がる逓減型保険)と同じ意味です。さらに保険料の払込免除が付いていれば、(保険料×残りの支払い回数)の保険料を免除されたことになり、保障を受けたことになります。

STEP3

当然ですが、このように保障が厚ければ、支払う保険料も高くなり、従って、戻り率も悪くなります。100%を下回っている保険のほとんどは、このような保障が充実しています。

一方、親が死亡しても保険料を払い続けなければならないような学資保険、つまり、保障の薄い学資保険の場合、保険料も安くなるので、戻り率が良くなります。このような保険では、戻りが100%を上回ります

まとめ

この答えがわからないならば、通販を使うべきではありません。ちゃんとした担当者を探して、契約してください。もちろん、上記の質問に答えられないような担当者は論外です。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

ページ先頭へ