スプーンを調理器具として使う

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:1
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by hana-haha
スプーンは食べる時だけじゃなく、アイデア次第で快適調理器具として活躍します。

STEP1皮をむく

山芋類は粘りがあるので皮がむきづらい野菜の代表的なものですね。
こんな時は山芋をまな板の上に立てるようにセットし、上から下に向かってスプーンを動かし皮をこすり取る様にすれば、手も滑らずきれいに薄く皮がむけます。

また、ショウガもデコボコしてむきづらいですが、スプーンで皮をこすり取る様にすると無駄なく手早く皮がむけます。

STEP2コンニャクをきる

筑前煮などコンニャクを煮ものにする場合、包丁できれいに切るよりスプーンでちぎると、表面積が大きくなり味がしみ込みやすいです。手でちぎる方法もありますが、スプーンなら大きさを揃えるのも楽です。

まとめ

他にもおはぎを作るときにあんこをつけるとか、アイデア次第でさまざまに活躍しますね。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

ページ先頭へ