鼻炎だけじゃない!「スギ花粉皮膚炎」にご注意

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:2457
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by hana-haha
季節の変わり目って肌があれる・・・と感じませんか?その肌荒れは、スギ花粉が原因かもしれませんよ。

STEP1

2011年のスギ花粉飛散予報は、昨春の2~10倍との見込みです。早めの対策が大切です。
ところで、花粉症と言えばクシャミ、鼻水、鼻づまりなどの鼻炎症状と、目のかゆみや充血などの結膜炎症状が代表的ですね。大半はこのような症状なので、花粉症は「鼻や目の病気」と思われていますが、近年は咳や全身倦怠感、発熱など全身症状と考えられています。

STEP2特に最近、注目されている症状が「スギ花粉皮膚炎」です。

目の周り、ほお、首などの露出した皮膚がカサカサになり赤い斑点があらわれ、かゆみが出ます。多くの場合はジュクジュクした湿疹にはならず軽症の皮膚炎のまま軽快します。なにより春以外に症状が見られないのが大きな特徴です。

STEP3

これはスギ花粉が皮膚に触れることで発症するのです。本当なら皮膚の一番外にある角質は花粉などの異物が体内に入るのを防御するものなのですが、乾燥などで防御機能が弱まり、花粉が角質の奥まで入りアレルギー反応を出現させ、「スギ花粉皮膚炎」が起こるのです。

まとめ

自覚的にもスギ花粉症を伴っている方に多いようですが、鼻炎などの症状がない方にも起こることがあります。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ