資本金と資本剰余金について

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

資本金と資本剰余金について、それぞれの意味を教えてください。なぜ、集めてきた資本を資本金と資本剰余金に分けるのかわかりません。その目的と意義は何でしょうか?

STEP1

資本金は、その会社がいつでも持っている現金の額。基本的に資本金1000万で会社を設立したら、資産として現金1000万もっていなければいけません。

STEP2

株式会社は株主に利益の分配をします。安定株主は配当をどれだけ貰えるのか気にします。資本金は今では取り崩しが可能ではありますが、資本金を取り崩さなければならないような会社に株主は投資をしたいとは思いません。

STEP3

企業が自己株の売買や利益の赤字などを相殺するのに資本金を取り崩さなくてもすむように剰余金とゆう資本金に変わる可能性のあるものとしておいておきます。

まとめ

安全のためにも、全額資本金にせず剰余金に振り分けたり、剰余金が充分にあれば、利益が出なくても、株主配当が出来るようになっています

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ