主婦のアイデアから生まれた浮かせ両面まな板をご存じですか?

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:2845
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by ホタルギツネ
まな板は同じ面ばかりを使っていると、だんだんそってきてしまうし、素材によって両面を使い分けている方は多いと思います。
でも片面を使用している時、裏面が調理台に直接触れていることが、使い勝手や衛生面で気になるという方はいらっしゃいませんか?

STEP1「浮かせ両面まな板」は主婦のアイデアから生まれました。

写真のように、まな板の両側に丸い桟(さん)を取り付けることで、まな板の下面が直接調理台に触れないのでとても衛生的です。
調理の途中でいちいち洗わなくても、裏返してそのまま使うことができます。

STEP2

サイズは大小数種類あり、小さいサイズは卓上用としても便利です。
また、両側に桟がついているため、洗った後そのまま立てて乾かすことができます。

STEP3

このまな板は、「浮かせ両面まな板」や「ひば清潔まな板」などの商品名で、いくつかの企業が取り扱っています。
今まで、普通の木のまな板、プラスチック製、ガラス製と、いろいろなまな板を使ってみましたが、素材を切るということではやはり木のまな板が一番使い心地が良かったのですが、木のまな板だとどうも下面が調理台に触れていることが気になっていました。
もし、こんなまな板があったらな~と思っていた方は、一度チェックしてみてはいかがでしょうか?

まとめ

主婦のアイデア商品は、「かゆいところに手が届く」っていう感じがしますね。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ