画期的な偉業を成し遂げた女性「ヘンダーソン夫人の贈り物」

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:307
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by すもお
画期的な偉業を成し遂げた女性「ヘンダーソン夫人の贈り物」

劇場を買い取った未亡人が幾多の困難を潜り抜け、
ヌードレビューを企画・上演する姿を描いた
「ヘンダーソン夫人の贈り物」を見てみませんか?

実話に基づいた物語です。

STEP1

1937年、夫に先立たれ未亡人となったローラ・ヘンダーソン(ジュディ・デンチ)は、悲しみで途方にくれる中、閉鎖されたウィンドミル劇場を見つけます。早速この劇場を買ったヘンダーソン夫人は、ショービジネスのプロであるヴァンダム(ボブ・ホスキンス)を雇うのでした。

ヴァンダムは、ミュージカルコメディを一日に4回上演するノンストップ・ショーを提案します。当初はそのショーで満員御礼が出たものの、すぐにライバルが真似するようになってしまいました。

STEP2

ヘンダーソン夫人は、舞台で女性に裸になってもらおうと言い出します。ヴァンダムは文化省の検閲官から許可が下りないのではないかと心配しますが、何とかすると約束します。そして彼はオーディションに没頭し、踊り子たちの個性・若さ・美を追求します。

その頃ヘンダーソン夫人は、検閲官のクロマー卿(クリストファー・ゲスト)を訪ね、絵画と同様、ヌードレビューは動く芸術なのだと説得。裸の女性たちによる美しく華麗なレビューの魅力は、センセーショナルなヒットとなったのです。

STEP3

やがて開戦が宣言され、ナチス・ドイツ軍による空襲が始まります。そんな中でもウィンドミル劇場のステージは続き、観客からその勇気と舞台魂を称える拍手が鳴り響きます。しかしついに、政府から閉館命令が。

ヘンダーソン夫人は、抗議のスピーチを始めます。「前の戦争で一人息子が戦死。息子は恐らく、写真以外では女性の裸を一度も見ぬままこの世を去った。その無念さや戦争に赴く兵士たちが息子のような運命を辿らなくて済むように」との願いを切々と訴えたのです。

群集はヘンダーソン夫人に大きな声援を送り、ついにクロマー卿は閉館を諦めます。そして再びステージが始まり、劇場には「我々は決して閉館しない」というプラカードが掲げられたのです。

まとめ

監督は、スティーブン・フリアーズ。
2005年制作のイギリス映画です。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

ヘンダーソン夫人の贈り物

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ