子どもの怪我を氷で冷やす時のアイデア

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:480
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by ぽたる
子どもってよく頭を打ったり転んだりして怪我をするくせに、冷やそうとしたら嫌がったりしませんか?そういう時のためにこんなものを用意しておきましょう。

STEP1【風船】

小さな風船を用意します。子どもがよく遊ぶ「水風船」なんか便利です。

その風船に水を入れて口を縛り、凍らすだけ。保冷剤を使うより患部にフィットして子どものちいさなおでこやひざなどを冷やすのに便利です。子どもの体の大きさにあわせて水の量で大きさを調整し、1コ常備しておきましょう。

STEP2【スポンジ】

風船の代わりに水を含ませたスポンジを凍らせても便利です。スポンジも大きさを自由に変えることができるので、こどもに合わせて準備することができます。

STEP3【タオル】

小さめのタオルを凍らすのもいい方法です。完全に凍っていても、体温ですぐやわらかくなるので、丸い部分を冷やすのに便利です。

STEP4【ジュースの缶】

これは使いやすさからいったら、固いのでイマイチなのですが、とけても流出ないのがメリット。また、冷やすのを嫌がる子どもに「溶けるまで冷やしておけたら飲んでいい」と言えばおとなしく冷やしてくれる・・・かもしれません。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ