子育てグッズを代用品でかしこく乗り切る方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:0
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by ぽたる
子育て中に便利な育児グッズも、すぐに使わなくなるのでわざわざ購入するのは不経済。色んな物で代用して賢く乗り切ってしまいましょう。

STEP1【ワッペンをつける時に】

子どもの服に穴が開いてしまい、補修にアイロンをあてるだけで接着するワッペン類をつける時は、穴の下にアルミホイルを敷いておけばアイロン台にくっつかずに済みます。(何も敷かないと、穴の部分がアイロン台にのりづけされてしまいます・・・)

STEP2【お座りの練習時に】

まだうまくお座りすることができない時期は授乳クッションの真ん中に座らせておくと、店頭した時の怪我防止になります。また、ちょうどいいサイズの浮き輪があればさらに360°カバーすることができます。

STEP3【赤ちゃんの膝をガード】

よちよち歩きの赤ちゃんはよく転ぶのでひざをガードしてあげましょう。特にお散歩の時アスファルトを歩く時は、スカートの女の子はもちろん、長ズボンをはいていてもすりむけることもあります。ガードするものは、わざわざ既製品をかわなくとも、大人用のタオル地のリストバンドで代用できます。いつでも洗えるし、便利です。

STEP4【タオル地の輪ゴム】

髪をとめるゴムでタオル地のものは、子どもがごはんを食べる時に便利です。まず、このゴムを両腕にはめてから袖をまくればズリ落ち防止に。また、手首にはめておけば、飲み物などがこぼれて腕をつたって服の中や床にしたたり落ちるのを防止できます。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


OKWAVE若者応援スペシャル企画

ピックアップ

ページ先頭へ