ひな祭りで食べる料理の意味

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

ひな祭りの料理の意味を知って、みんなで楽しくお祝いしましょう。

STEP1ちらし寿司

昔から、祭りごとの料理としてつくられることが多かったようです。
3月は、冬から春への季節の変わり目で体調を崩しやすいことから、健康を願って体にいいものを食べさせようとしたことが始まりです。

STEP2ハマグリのお吸い物

ほかの貝とは絶対に殻があわないことから、一夫一婦の願いを込めて、お祝いのお吸い物として添えるようになったようです。
ただし、ハマグリなどの貝類は菌がありますので、小さい子どもなどは用心してください。

STEP3菱餅

もともとはお正月に食べられていたもの。
そのころは春分から1ヶ月がお正月で、鏡開きがいまのひな祭りの時期だったので、今ではひな祭りに食べることになっています。
菱餅は、下から緑・白・ピンクとなっており、それぞれ「草萌える大地」「雪の純白」「桃の花」を表しています。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ