快眠のポイントは寝返り!

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:843
  • ありがとう数:0

はじめに

快眠のコツは、寝返りが関係しているようです。

眠るときの姿勢は人それぞれですが、
ぐっすり眠るためには"よい寝返り"をすることがとても大切です。

STEP1<b>寝返りはなぜ重要か</b>

寝返りとは、血液やリンパ液などが身体の下側に滞らないよう循環させるためにする行為なのだそうです。

つまり、就寝中の寝返りは必要不可欠なもの。

それがスムーズに行なえればゆっくり眠れるし、逆に寝返りが正しく行なえないと、
寝苦しかったり、途中で目覚めたりと、不眠の大きな原因になってしまうそうなのです。

STEP2<b>正常な回数の寝返り</b>

私たちは一晩の睡眠中に20~30回の寝返りをするといわれています。

寝返りは、血液の循環を促して体の疲れを取り除き、
体温の調節を行ってくれます。

STEP3<b>寝返り不足を見抜く</b>

朝、起きた時に疲れが残っていたり、体が重い、首や肩がこっている、
腰が痛いといった症状がある人は、スムーズな寝返りができていないのかもしれません。

寝返りはそんな状態を改善する働きを持っています。
質の良い睡眠を得るために、寝返りはとても重要な働きをしているのです。

STEP4<b>正しい寝返りのために</b>

では、正しい寝返りとは、どういうものなのでしょうか?

1:膝を軽く曲げて、ベッドに仰向けに寝る。

2:腕を胸の前でクロスする

3:その状態で90度寝返りを打つ

この時、枕の高さがちょうどいいと、スムーズに寝返りが打てます。

また、横を向いた時、顔の中心線と敷布団が平行になっているか、
確認してもらうといいそうです。


自宅で簡単に作れる快眠枕↓↓↓
http://karadamemo.jugem.jp/?eid=52

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ