「停止線」で、きちんと止まれますか?

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:323
  • ありがとう数:0

はじめに

車の運転に慣れてくると、いつの間にか「自己流」になることもあります。しかし、それが重大事故につながることもあります。また、事故を起こさないまでも明らかに交通ルール違反になるのです。ここでは、その典型的な事例をご紹介したいと思います。

STEP1

細い道路からメイン道路に出るところに必ず立っている「とまれ」のマーク。また、道路に記されている「停止線」。そこで、きちんと止まっていますか?

STEP2

それらの表示があるところのほとんどは、視界が悪いところです。つまり、そこで止まっても左右の安全確認をすることは不可能に近い状態です。しかし……。

STEP3

そこで止まらずに、左右確認できるところまで走ってから止まると、明らかに違反になるのです。もし、停止線で止まって左右確認できない場合は、ゆっくり走り出して、見通しのいい場所まで行き、そこで改めて止まってから安全確認する方法が正しいそうです。

まとめ

ふだん交通量の少ない場所では、ついつい停止線を越えてしまいそうです。ふだんから、停止線で止まる習慣づけをすることが大切です。

自転車やバイクを運転する人も気をつけてくださいね。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

必要なもの

正しい安全知識を身につけること

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ