営業職と営業事務の違い

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:0
  • ありがとう数:0

はじめに

よく求人誌などで目にする仕事内容で営業職と営業事務ってありますよね? 営業は苦手で事務は得意って人の中には、これらの違いが気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。 そこで今回は、営業職と営業事務の違いをご紹介します。

STEP1

営業さんがほとんど外回りな会社のケースですが、お客さんからの電話に対し、事務の方が対応するのが、営業事務になります。

この場合、営業職の仕事は主に、商品の売り込み、売値の調整などで、お客さんに顔を見せることが仕事になります。

ようするに、直接お客さんと会うのが「営業職」で、事務の傍ら電話でお客様対応をするのが「営業事務」です。

STEP2

求人誌などに書かれている営業事務職という職業は小さな会社で一人の人が色んなことを兼務して行っている場合が多いようです。

STEP3

これからそういった会社の面接を受ける方、あれこれこなすのはもちろん最初は大変ですが、無理のない仕事量で、あとは職場内の人間関係がある程度円滑にいっていれば、時間が解決してくれますので安心してください。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

ページ先頭へ