店に入る前にここをチェック!おいしいお店を「10秒間」で見抜く方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:0
  • ありがとう数:0

はじめに

不景気のこの時代、贅沢はなかなかできないですよね。なかでも外食などは、どうしても控えがちになってしまいます。 それでも時には「今日はぱーっと外食しよう」と思うこともあるはず。そんな時、店選びで失敗したくないですよね。 そこで今回は、お店に入る前に、その店がおいしいかそうでないかを、簡単に見抜く方法を紹介します。

STEP1掃除が行き届いているかをチェックしよう

おいしいお店は、「おもてなしの心」があるもの。その姿勢は、お店の清掃状態にも必ず表れます。そこでまずは、きちんと掃除が行き届いているかをチェックしましょう。最初に入り口やウィンドウを確認し、続いて店の中に目を向け、レジまわりや厨房に不必要なものが置かれていないかをチェックしましょう。

STEP2客の入りをチェックしよう

客数は、その店の味をはかる上で、最も手軽で最も信頼できるバロメーター。お客さんが多く入っている店で味が悪いということは、なかなかありません。
ランチやディナーの営業開始時間からまだ時間が経っていない場合は判断するのが難しいですが、ピークタイム時であれば、これで簡単にその店の味を見抜くことができます。
ただ、一点気をつけたいのが、店の奥まで見ること。レストランのセオリーとして、通りに面している窓側にお客さんを座らせて、盛り上がっているように見せるのがセオリーです。くまなくチェックするようにしましょう。

STEP3日替わりメニューをチェックしよう

多くの店はメニューの看板を立てかけていると思います。ここでチェックすべきは、日替わりメニューの充実度。
主に、日替わりメニューはその日の旬な食材を使うもの。つまり、日替わりメニューを多く揃えている店の方が、味に自信を持っている店の方が多いのです。

まとめ

最近ではいろいろな口コミサイトで、事前にその店の評判をチェックすることもできますが、みずから足を運んで自分の目で好きな店を探すのは楽しさが違うはず。ぜひ、この「10秒」チェックで、当たりのお店をみつけてください。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

ページ先頭へ