部下に断られない「飲みニケーション」の上手なコツ

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:0
  • ありがとう数:0

はじめに

部下から慕われるのも、ビジネスマンにとっては大切な仕事のひとつ。あなたは、世代も価値観も違う部下とのコミュニケーションを深めるためどんなことをしていますか? 一昔前であれば、退社後に無理やりにでも飲みに連れて行って、説教しながら信頼を勝ち取っていくやり方も通用していましたが、今は「うっとうしい」と一蹴されてしまうもの。 でも、絆を深めるうえで、酒の席が最も効率的なのは今も昔も変わりません。そこで、現代の若者が積極的に行きたくなる「飲みニケーション」のコツを考えてみましょう。

STEP1話題の店に連れて行こう

今の若者は、おいしい、内装が格好いい、など自分のメリットになるようなことには人一倍興味を持ちます。
彼らの給料ではちょっと手の届かないような、話題の人気店を押さえて連れて行ってあげると、尊敬を得られるはずです。

STEP2話を聞いてあげよう

「草食系」という言葉もあるように、今の若者は積極性に欠ける部分もあります。聞き上手な若者も多く、それに気を良くしてこちらがしゃべりすぎてしまいがちですが、それは禁物。うっとうしがられるだけです。
あえてあなたが聞き役に徹して、彼らの抱えている悩みや希望を聞きだしてあげましょう。普段、自分のことを話したがらない若者であっても、しゃべり出すと気持ちがよくなって、「懐の深い先輩」という良いイメージを持ってくれるはずです。

まとめ

正直、「なんでこっちが、ここまで気を使わなくちゃいけないんだ」と思う方も多いかもしれません。でも、仕事を円滑に進めるためには部下の心をつかむことも必要。自分のためだと思って、彼らを上手に持ち上げてあげましょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

ページ先頭へ