ハーレムの小学生と教師のバイオリン・コンサート「ミュージック・オブ・ハート」

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by すもお
ハーレムの小学生と教師のバイオリン・コンサート「ミュージック・オブ・ハート」 1993年にカーネギーホールで行われた、 ハーレムの小学校教師ロベルタ先生と 50人の子供達による、 有名ヴァイオリニストを交えたセッション。 これを記録したドキュメンタリー映画をもとに メリル・ストリープの主演で映画化された、「ミュージック・オブ・ハート」を見てみませんか?

STEP1

海軍の夫に逃げられて意気消沈したロベルタ(メリル・ストリープ)は、赴任先で購入した大量のヴァイオリンとともに実家へ戻ります。

偶然里帰りをしていた同級生ブライアン(エイダン・クイン)の口添えで、彼女はヴァイオリンを教える臨時教員の職にありつくのでした。場所は、イーストハーレムの小学校。ロベルタは、ブライアンの支えも得て複雑な家庭環境に置かれた子供たちの指導に打ち込みますが、一筋縄に上手くいくものでもありませんでした。

STEP2

そんなロベルタの努力の甲斐あって、子供たちはみるみる上達し、父兄を前に開いた演奏会も大盛況に終わります。しかし実生活では、離婚以来荒れて手のつけられなくなった息子との関係に悩み、結婚観の食い違うブライアンとも別れることに。

苦労の時を経て、10年後。ロベルタ先生のヴァイオリン教室は、3校に150人の生徒を擁し、受講者を抽選で決めなければならないほどの人気クラスとなっていました。そこへ突然、市の予算削減のためクラス閉鎖が通告されます。

STEP3

クラスを続けるための資金を得るため、救済コンサートを開くことになったロベルタ。友人の夫がヴァイオリニストだったことも手伝って、一流のヴァイオリニストが趣旨に賛同します。

しかし、コンサート会場がトラブルのため使用不能になり、開催が危ぶまれる羽目に陥ります。事情を知ったヴァイオリニストの配慮で、会場がカーネギーホールに決定した当日、大勢の観客が見守る中、ロベルタと50人の子供たちはクラシックの殿堂でプロとの共演を果たすのでした。

まとめ

監督は、ウェス・クレイヴン。 1999年制作のアメリカ映画です。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

ミュージック・オブ・ハート

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ