ミュージカル仕立ての恋のから騒ぎ「巴里の恋愛協奏曲」

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by すもお
ミュージカル仕立ての恋のから騒ぎ「巴里の恋愛協奏曲」 1925年にモーリス・イヴァンが作曲したオペレッタ を映画化した、 「巴里の恋愛協奏曲」を見てみませんか? 男女の恋愛騒動をコミカルに描いた、ミュージカル仕立ての物語です。

STEP1舞台は、1925年のパリ。

ジルベルト(サビーヌ・アゼマ)は、実業家の夫ジョルジュ(ピエール・アルディティ)と表向きは平和な結婚生活を送っていました。しかし彼女は、アメリカ滞在中にエリック(ランベール・ウィルソン)という男性と離婚した経歴を持っていました。妻の貞淑を信じる夫に、彼女は離婚経験を明かすわけにはいかず、ひたすら隠し通していたのです。

ところが、こともあろうにジョルジュは仕事の取引相手としてエリックと偶然知り合います。

STEP2

ジョルジュとエリックは、次第に友情を抱くまでに親しい間柄となっていきます。そして、いまだに元妻ジルベルトへの想いを捨てきれないエリックは、彼女に接近し始めるのでした。

ジルベルトは、何とかして離婚の過去を夫に隠そうと奔走する羽目に。一方、ジルベルトの火遊び相手である芸術家の青年シャルレ(ジャリル・レスペール)は、恋する乙女と化したユゲット(オドレイ・トトゥ)から、一方的に情熱あふれる想いを傾けられているのでした。

STEP3

シャルレは、ジョルジュからジルベルトを奪ってやろうと常にチャンスをうかがっています。

やがて、ジルベルトとエリックの過去の結婚がジョルジュにバレそうになりますが、機転をきかせたジルベルトの妹アルレット(イザベル・ナンティ)が、エリックと結婚していたのは自分だと嘘をつくのでした。しかしその時のキスがきっかけで、アルレットとエリックが結ばれることに。

かくして、ジルベルトとジョルジュは元の鞘におさまり、シャルレとユゲットも結ばれるのでした。

めでたし、めでたし^^

まとめ

監督は、アラン・レネ。 2003年制作のフランス映画です。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

巴里の恋愛協奏曲

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ