漁師町の男達の合唱団「歌え!フィッシャーマン」

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by すもお
漁師町の男達の合唱団「歌え!フィッシャーマン」

北極圏の小さな漁師町の伝統的な男声合唱団。
中年以上の男たちばかりの彼らの日常を映した
ドキュメンタリー映画、
「歌え!フィッシャーマン」を見てみませんか?

歌にひたむきな30人の男たちの姿に、生きる元気がわいてきます。

STEP1ノルウェーの最北端にある小さな町、ベルレヴォーグ。

北極圏に位置し、人口1200人足らずの漁師町であるここの名物は、1917年に創立された男性ばかりの合唱団「ストランド・ボーイズ」です。

メンバーは、96歳と87歳の兄弟を中心として、寡黙で頼りがいのある車椅子の指揮者、数学の才能を持ちながらも漁師になった男、元薬物中毒患者、各地を転々と暮しこの町に落ち着いた男など、さまざまな経歴を持っています。彼らは、定期的に開催される歌のリハーサルを楽しみに、毎日の生活を送っているのです。

STEP2

そんなある日、合唱団はロシアの都市ムルマンスクのコンサートに招待されることになります。

バスに乗り込み、国境を越えてコンサート会場に到着すると、そこには予想を上回る観客が訪れていました。ところが、本番直前のリハーサルは、これまでで最悪の仕上がりに。大勢の観客を前に、彼らは緊張の極みに達してしまっているのでした。いつもは頼れる指揮者の男も黙りこくり、ナーバスになるメンバーたちをよそに、いよいよコンサートは幕を開けます。

STEP3

出番がやってきて、舞台に上がった彼らは、歌い終えて聴衆にサインをしながらこう言います。「いつか、僕らも有名になるからね!」

ノルウェーの四季折々の自然を背景に、合唱団の活動とメンバーたちの日常、彼らの歩んで
きた人生を、彼らの歌を交えながら映し出したこの映画。歌われる歌はノルウェーの民謡や賛美歌など、素朴な曲ばかりで、見る側の心を揺さぶります。ロシアでのコンサートのような特別なイベントシーンがなくても、十分感動させてくれるものがあります。

まとめ

監督は、クヌート・エーリク・イェンセン。
2001年制作のノルウェー映画です。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

歌え!フィッシャーマン

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ