干し芋の作り方、コツ☆

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:2028
  • ありがとう数:0

はじめに

干し芋、この時季はとてもおいしいですね☆
干し芋の作り方とコツです!!

STEP1【干し芋の作り方】

1.さつま芋は、皮をむかず、蒸し器で蒸します。
2.加熱したさつま芋を、皮をむかずに5ミリ程の厚さに切り、通気性の良いザルなどに、   重ねず一面に並べて天日干しにします。
3.干しながら一日2~3回裏返し、両面を均等に乾かして、
  白い粉がでて固くなれば出来上がりです。
 

STEP2【おいしい干し芋にするコツ】

干し芋の白い粉は、糖分の結晶です。
さつまいもを加熱すると、さつまいもの中の酵素(ベータアミラーゼ)が、さつまいものデンプンを分解して、麦芽糖に変えて、甘味が出ます。
この酵素が、長時間働くと、より甘さが出て、デンプンが少なくなった芋はしわがでてきます。

その酵素が活発となる温度は約60度です。
あまり高くすると、酵素が壊れてしまいます。
蒸すときに、弱火でゆっくりと加熱すると、とても甘くなります。

STEP3【余った干し芋の利用法】

干し芋をひたひたの水で一晩浸けておき、それを弱火で煮ます。
お好みの量の砂糖を入れ、味を調節します。
水が少なくなり柔らかくなったところを、お玉やマッシャーで潰します。
マッシュポテトのようになるので、付け合せにしたり、砂糖を加えずコロッケにしたり
します。

ほかにも、干し芋のきんぴらのレシピがありました☆
参考URL:http://cookpad.com/recipe/234883

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ