紹介の仕方

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

人を紹介する際にはルールがあります。 ルールを押さえて正しい順番で 紹介しましょう。

STEP1ビジネスの場面など、人を紹介する機会は数多くあります。

取引先の上司と社内の上司はどちらから?複数いたら?
いざというとき困らないよう、身につけておきたいものです。

STEP2【紹介の順序のルール】(先→後)

・社内の人(身内・家族)→社外の人(他人)
・目下の人(役職の低い人)→目上の人(役職の高い人)
・男性→女性
・紹介を頼んだ人→紹介される人
・交際の深い人→交際の浅い人
・1人→複数


紹介するタイミングは、まず自分の挨拶を済ませた後に行います。
タイミングを逸するときっかけがつかみにくくなることも...途中で
気づいたら「失礼しました、ご紹介が遅れまして」と切り出しましょう。

STEP3【具体例1】 自社の人(複数)と他社の人を紹介する場合

  社内の人から社外の人へと紹介していきます。
  社内で役職の高い人から順に紹介します。
【具体例2】 彼女を家族に紹介する場合
  彼女を自宅に招いて紹介する場合は、まず自分の身内である家族から
  紹介します。父→母→兄弟→姉妹といった順で行います。ただし、彼女が
  紹介をお願いしていた場合には、彼女から紹介を行います。
【具体例3】 会社の同僚と学生時代の友人を紹介する場合
  目上、目下の関係がなければ交際の深い方を優先する。特に役職などの
  差がなければ厳密な違いを意識しなくても問題ありません。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


OKWAVE若者応援スペシャル企画

ピックアップ

ページ先頭へ