アルカリ電池 VS マンガン電池 何が違うの?

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:1007
  • ありがとう数:0

はじめに

恥ずかしながら、最近初めて、アルカリ電池、マンガン電池2種類の電池があることを知りました。
灯油ポンプ手動を使っていましたが、傷んだので買い換えました。今回自動センサーで給油ができるポンプを購入した際に・・・<マンガン電池不可アルカリ電池をご使用ください>と書かれていました。
どうしてだろう?何が違うんだろう?調べてみました。

STEP1*アルカリ電池とマンガン電池の決定的な違い*

アルカリ電池は残量の最後まで電圧を維持します。(だから長持ちと言われます)
マンガンは残量が少なくなるにつれ電圧が下がります。
マンガンは、リモコンなどパワーのいらない、電圧が下がっても使える物や、アナログ時計(徐々に時間がずれるので交換時期が判り易い)などに適しています。アルカリだと、時計に使うと時間がくるうことがあるそうです。

価格=アルカリ電池の方がマンガン電池よりも高価

STEP2マンガン電池は暫く使わないでいると、微量ですが回復します。

なので、リモコン類とか、時々しか点けない(しかも短時間の使用の)
懐中電灯やラジオ等は得意分野です。
また、時計のように微量の電気をチビチビと使い続けるタイプの機器
も得意です。
特に災害用に長期間保存する場合はマンガン電池の方が向いています。非常用の懐中電灯などにもマンガン電池を入れておいた方がいいです。

マンガン電池の方が液漏れしにくいです。

STEP3

アルカリ電池は長持ちする。またパワーがあります。ヘッドホンステレオやデジカメ等、ポータブルオーディオなど長時間連続で使用し、しかも消費電流の多い機器の場合はアルカリ乾電池のほうが向いています。

まとめ

自動給油ポンプに試しにマンガン電池を入れてスイッチを入れてみました。しばらくは動きましたが、タンクが一杯にはならず、アルカリ電池に入れ替え給油完了しました。

製品によって、アルカリ電池、マンガン電池の使い分けが必要ですね。



このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ