電車で座るための方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:0
  • ありがとう数:0

はじめに

都会の電車は座れないことが多いですね。 ちょっとでも日々の疲れを癒すために  電車の座席に座れるかもしれない方法を伝授。

STEP1先頭車両 最後尾車両に乗る。

乗り換えとか出口に遠い場合があり
「わざわざそこまで歩きたくない」
という人がおおいため、中心より空いている可能性が高いです。

STEP2学生が座っている前に立つ

遠方まで乗っていく可能性が低いため、
一般サラリーマンなどよりも 席を立つ確率が上がります

STEP3起きているサラリーマンの前に立つ

寝ている愚かなサラリーマンは、遠方まで乗っていく可能性があります。
起きているサラリーマンは、もうそろそろ降りるか
そもそもあまり距離を乗らないので、寝たりなんかしないことがり
早めに降りていく可能性が高いです。

STEP4服装で見分ける

作業着⇒都心ではあまり働かない
ビジネススーツ⇒都心で働く

という傾向で、どのあたりで降りそうかを推測して
その人の前に立っておく という手もあります。

STEP5始発に乗る。

これ、確実ですね。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

ページ先頭へ