成功するためのランチェスターの法則

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:509
  • ありがとう数:0

はじめに

今回は実際に成功した、経済的にNo.1になった人に教わった「ランチェスターの法則」を紹介したいと思います。これは「引き寄せの法則」とセットで使うことで効果を発揮しますので、そちらの方ものぞいてみてください。
うまく利用してあなたもNo.1になってください。

STEP1①「No.1を目指す」

・成功するにはどのような分野においても、とにかくNo.1を目指すこと。
・自分より少し上の人を目指す、なんてことはナンセンス。
・中途半端なところではなく、一番高みをねらってはじめて他よりも際立つ実績がでる。

STEP2②「小は大のウィークポイントのみを伸ばす」

・どのような分野であっても、必ず一番はいます。例えばテニスの全日本優勝者だったり、大手の企業だったりと様々なNo.1があります。
・予選敗退者や小会社という小さい人たちは、No.1という大きい人より上に行くために相手のウィークポイントのみを伸ばします。
・例えばテニスなら、優勝者は強打を武器にしているが体力はないので、持久力を伸ばす。
・例えば大手の企業は大量生産で物を作っているから、こちらは少ない量で質を上げ、ブランドを作ってそれを高く売る。

STEP3③「すると大は小のやっていることを攻略してきます」

・小が大のウィークポイントを伸ばして実績を出し始めると、大は小をやっつけにきます。
・大は小よりも大きく、強いので、自分のウィークポイントをなくそうとします。
・それは当然のことなので、仕方がありません。
・そこで、小は大のさらなるウィークポイント・弱みを探して攻略をしていきます。

STEP4④「転機(チャンス)が訪れる」

・②と③により、小と大はお互いに並行線を保ちます。
・すると、必ずどちらかに相手と圧倒的に差をつける転機が訪れます。
・それを引き寄せて、自分の物にした方がNo.1になります。

興味のある方は、その「引き寄せの法則」のガイドもご覧ください。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ