注意したい現代病、ペットボトル症候群

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

最近10~30 代の間に「ペットボトル症候群」という現代病が増えているそうです。

STEP1

ペットボトル症候群とは、たくさん砂糖の入った清涼飲料水や缶コーヒーなどを大量に継続的に飲み続けることで、太りやすくなり、血糖値が高くなって、急性の糖尿病になるというものです。

STEP2

症状としては、『体のダルさ』や『ノドの渇き』、『トイレに行く回数が増える』などがあり、最悪の場合は、昏睡状態に陥って病院に運ばれるケースがあります。

STEP3

ペットボトル症候群の怖い所は、本人が無自覚のまま悪化しているケースが多い点です。
血糖値が高くなるとノドが渇く→その渇きをうるおすためにペットボトルを飲む→さらに血糖値が高くなり、またノドが渇いて清涼飲料水を飲む→さらに血糖値が上がる。
そんな負のスパイラルに陥るのだそうです。

STEP4

普段からよく飲む飲料水の糖分量や、1日にどれくらい糖分をとっているかなどに気をつけましょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ