バレンタイン 誤解を生まないために・・・避けた方が良いプレゼント

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by sagamikomati
バレンタインデーを機会にして、日ごろの感謝の思いをプレゼントに託す方もいらっしゃいますね。 バレンタインデーは女性から男性へ、堂々と告白できる日とされていますので、品物によっては思わぬ誤解を生むことになりかねません。 誤解を受けやすそうなプレゼントは避けましょう。

STEP1

高額のチョコレートは、こちらでは義理チョコのつもりでも、本命と誤解をうけてしまうことがあります。

義理チョコであれば、廉価なものを選んで、お礼の言葉を添えて渡しましょう。

何かのお礼としてプレゼントをしたいというのであれば、バレンタインデーを利用しないで贈りましょう。

STEP2避けたいプレゼント

ネクタイ・・・・あなたに首ったけという意味があるようです。
靴・・・性的な意味合いがあり、誤解の種です。
つげの櫛・・・二度と会えないという別れを意味します。
刃物・・・縁を切るという忌み言葉につながります。

STEP3洒落のつもりが、気まずいことに!

たとえスタイリッシュなものであっても、下着は避けましょう。

下着メーカーのバレンタイン向けの商品で、トランクス(下着)をネクタイのようにラッピングシャレのつもりでプレゼントしていた方がいましたが、受け取った男性は困ったが本音。

まとめ

下着に限らず、身につけるものは本命サンにだけに贈りましょう。 使って無くなる、食べてなくなるものが、いいようです。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


OKWAVE若者応援スペシャル企画

ピックアップ

ページ先頭へ