六曜の意味

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:477
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by mix
結婚式の日に「大安」を選んだり「仏滅」を避けたりするのを聞いた事がありますよね
この、いい日・悪い日を区別してしまう『六曜』の意味をご紹介します

STEP1

六曜は先勝→友引→先負→仏滅→大安→赤口の順で繰り返しますが、
旧暦の毎月1日の六曜は決まっています

1月1日・ 7月1日 … 先勝
2月1日・ 8月1日 … 友引
3月1日・ 9月1日 … 先負
4月1日・10月1日 … 仏滅
5月1日・11月1日 … 大安
6月1日・12月1日 … 赤口   旧暦です

 

STEP2先勝 (せんかち/せんしょう)

「先んずれば即ち勝つ」の意味。万事に急ぐことが良いとされる。
「午前中は吉、午後二時より六時までは凶」と言われる。

STEP3友引 (ともびき)

「凶事に友を引く」の意味。
「朝は吉、昼は凶、夕は大吉。ただし葬式を忌む」と言われる。
かつては「勝負なき日と知るべし」といわれてました

STEP4先負(せんまけ/さきまけ)

「先んずれば即ち負ける」の意味。かつては「小吉」「周吉」と書かれ吉日とされていたが、字面に連られて現在のような解釈がされるようになった。万事に平静であることが良いとされ、勝負事や急用は避けるべきとされる。

STEP5仏滅(ぶつめつ)

「仏も滅するような大凶日」の意味。
元は「空亡」「虚亡」と言っていたが、これを全てが虚しいと解釈して「物滅」と呼ぶようになり、これに近年になって「佛(仏)」の字が当てられたものである。

STEP6大安(たいあん/だいあん)

「大いに安し」の意味。
六曜の中で最も吉の日とされる。
何事においても吉、成功しないことはない日とされ、特に婚礼は大安の日に行われることが多いです。

STEP7赤口(じゃっこう/せきぐち)

陰陽道の「赤舌日」という凶日に由来する。
午の刻(午前11時ごろから午後1時ごろまで)のみ吉で、それ以外は凶とされる。

この日は「赤」という字が付くため、火の元、刃物に気をつける。つまり「死」を連想される物に注意する日とされれいるそうです。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ